カンジダ症とは|うつる可能性・放置すると自然治癒する?【公式】心斎橋駅前婦人科クリニック|大阪の性病検査

カンジダ症とは

Candida

カンジダ症について

カンジダ症について

カンジダ症は、消化管や皮膚などに常在するカンジダ属の真菌(しんきん)が原因で発症する疾患です。カンジダはもともと女性の腟・皮膚・口の中・消化管にも存在しているため、性行為と関係なく、自己感染(腟内でカンジダ菌が増殖すること)するケースもあります。そのため、一般的な性感染症(STD/性病)と性質が異なっています。女性の約75%が生涯で少なくとも1回は膣カンジダ症を発症すると考えられており、男性よりも女性患者が多いことが特徴です。

カンジダ症は、性器だけではなく、口腔粘膜・爪・鼠径部(そけいぶ)の皮膚にうつることがあります。また、一度完治しても、体調不良や免疫力の低下などが原因で再発することがしばしば見られます。女性の腟カンジダは、風邪・寝不足・妊娠など、免疫力が落ちているときに発症しやすいです。カンジダは直接不妊の原因になるとはされていませんが、おりものの増加など、不快な症状が現れるため、早めに医療機関を受診して治療しましょう。

カンジダ症の症状とは

カンジダ症の主な症状をご説明します。これらの症状が見られたら、早めに医療機関を受診しましょう。

女性の性器カンジダ症の症状

女性がカンジダ症にかかった場合の主な症状は、下記の通りです。

  • ・ヨーグルト状、酒かす状のおりもの
  • ・外陰部や腟のかゆみ
  • ・おりものの増加(最初は"水っぽい"おりもののこともある)
  • ・性器の炎症(痛みや灼熱感)
  • ・排尿障害(しみる感じ)や性交痛

女性が性器カンジダ症になった場合、外陰部に強いかゆみや発赤(外陰部カンジダ症)、おりものの異常が現れることが多いです。外陰部のかゆみは、布団に入ったり、体が温まったりした際に強くなり、眠っている間にかいてしまうことで、ひりひりとした痛みを感じることもあります。また、おりものはヨーグルト状・カッテージチーズ状・酒かす状と表現され、白濁して量が多いのも特徴です。腟カンジダ症は、糖尿病の方・抗生物質服用中の方・妊娠中の方などに多く見られます。また、カンジダ症と似た症状を持つ病気に、トリコモナス膣炎や細菌性膣炎などがあり、間違われることもしばしば見られます。これらの病気は、おりもののにおいが変化するため、おりものに異常を感じた場合は、すぐにクリニックを受診しましょう

男性の性器カンジダ症の症状

男性がカンジダ症にかかった場合の主な症状は、下記の通りです。

  • ・亀頭のかゆみやただれ
  • ・亀頭に赤みが生じる
  • ・亀頭に小さな水疱ができる
  • ・亀頭から白いカスのようなものが出る
  • ・まれに尿道炎が起こる

男性がカンジダ症になった場合、亀頭部分にただれやかゆみなどの症状が起こります。これらの症状は「カンジダ性亀頭包皮炎」といいます。男性の場合、感染しても無症状のことが多く、自然治癒することもありますが、知らずにパートナーに感染させるリスクがあり、感染予防には定期的な検査が大切です。また、包茎の方の場合、症状が出やすいとされています。(当クリニックでは、男性のカンジダ検査を行なっておりません。症状が見られる場合は、お近くの性病科・泌尿器科で検査をお受けください)

男女共通のカンジダ症の症状

カンジダ症は、性器周辺だけでなく、あらゆる部位に症状が現れます。男女共通のカンジダ症の症状は下記の通りです。

口腔カンジダ症

体内のカンジダ菌が増殖し、口腔カンジダ症を発症します。加齢・がん・副腎皮質ステロイド薬の使用・糖尿病など、免疫力低下が原因と考えられています。舌表面・口腔内粘膜に、濃く白いコケ状のものが現れ、赤み・腫れ・痛みを伴います。口内炎と間違えられやすく、医療機関できちんと検査を受け、適切な治療を受ける必要があります。一般的に、治療には抗真菌薬のうがいなどが用いられます。

皮膚カンジダ症

皮膚カンジダ症は、陰部や指と指の間、おむつで覆われた股など、湿ってすれやすく、通気性の悪い部分に起こりやすいです。皮膚カンジダ症になると、かゆみだけでなく赤み・腫れ・ただれなどを起こします。免疫力が低下しているときや高温多湿の環境・不潔な状態、赤ちゃんの場合にはおむつ着用時などに起こることが多いようです。基本的には抗真菌薬の外用薬を用いて治療しますが、症状の程度や範囲によっては、内服薬を服用することもあります。

爪カンジダ症

爪に覆われている指先の柔らかい部分に、赤み・腫れ・痛みが生じるのが、爪カンジダ症です。指の爪の一部が白っぽく濁って見えます。半年〜1年ほどで完治するとされており、爪白癬(つめはくせん:水虫のこと)との区別が難しいため、培養検査で菌を確定します。治療には、基本的に外用薬や抗真菌薬を用います。

食道カンジダ症

口から食道にかけてカンジダ真菌が繁殖することで、食道カンジダ症が起こります。食べ物が飲み込みにくい・胸やけがするなどの症状が見られ、進行すると食べ物を飲み込む際に痛みを感じるようになります。食道カンジダ症は自覚症状がないため、内視鏡検査でたまたま発見されるケースや、違和感を覚えて気づく場合があります。食道カンジダ症は、抗真菌薬の内服又は点滴で治療をすることになります。

診察のご予約はこちら

診療時間 9:30~18:30 ※最終窓口受付 18:00

性器カンジダ症の治療方法

カンジダ症は軟膏の塗布や腟錠の使用で治療を行います。場合によっては、抗真菌薬を内服することもあります。腟錠は、1回使用すると1週間効果が持続するものもありますが、カンジダ症の程度によっては、連日腟錠を自己挿入していただく場合もあります。一般的に治療期間は1〜2週間程度です

カンジダ症の検査と費用

おりもの検査
(自費の場合)
3,300円(税込)

腟・外陰部の症状の有無を調べ、おりものを採取してカンジダ菌の検査をします。症状が現れていなくても検査はできますが、おりものやかゆみなどの症状によって、感染しているかを診断するため、症状が見られるときに検査を受けると良いでしょう。カンジダ症の検査は、保険適応の場合もあります。

カンジダ症のよくあるご質問

カンジダ治療薬の腟錠を入れた後に、腟から出てきたときはどうしたら良いですか?
A.腟錠には1週間程度効果が続くことが期待できますが、治療当日に外へ出てきた場合には、心斎橋駅前婦人科クリニックまでご相談ください。治療から数日経って出てきた場合は、治療効果があると考えても良いため、次の予定の診察日にお越しいただいてかまいません。
カンジダ症はドラッグストアの市販薬で治療できますか?
A.薬局などでも、カンジダ症治療専用の薬は購入できます。しかし、市販薬はカンジダ以外が原因の場合は効果がありません。何か気になる症状がある場合は、医療機関で検査を受け、医師による診断のもと治療を行うことをおすすめします。なお、カンジダ症と診断されたあとは、市販薬を使用するのも良いとされています。市販薬の使用に関しても、お気軽に心斎橋駅前婦人科クリニックにご相談ください。
おしりがかゆいのですが、カンジダ症にかかっていますか?
A.腟カンジダ症に感染した場合、肛門周辺にもかゆみが現れることがあります。肛門付近はカンジダ症がよく現れる部位の1つです。しかし、おしりにかゆみが生じるのは、他の病気が隠れているサインの可能性もあるため、異変を感じたらはやめに医療機関を受診しましょう。
カンジダ症に予防する方法はありますか?

A.カンジダ症は、体調不良・ストレス、免疫力の低下が原因で発症することが多いため、ストレスを解消し、体調を整え、日常生活を見直すことなどが、カンジダ症予防に効果的です。

  • 【発症・再発予防】
  • ・通気性の良い綿の下着やゆったりとした洋服を着る
  • ・濡れた水着や湿った衣類はできるだけ早く着替える
  • ・おりものシートは頻繁に交換する
  • ・シャワー、入浴、水泳の後はデリケートゾーンをしっかり乾かす
  • 【薬の使用中NGな行為】
  • ・ビデ(腟内洗浄)やタンポンの使用:腟から薬を洗い流し、薬の効果を弱める場合がある。
  • ・性行為:カンジダをパートナーに感染させるリスクや、おりものを外陰部に塗り広げる可能性がある。
  • ・石鹸でデリケートゾーンを強く洗う:石鹸でデリケートゾーンを強く洗うと、皮膚のバリアが洗い流されてしまい、刺激によって炎症がひどくなる可能性がある。石鹸でゴシゴシ洗わず、お湯で優しく洗い流す程度が良い。
カンジダ症は放置しても自然治癒しますか?
A.軽度のカンジダ症の場合は、自然治癒することもあります。症状が改善しない場合は、医療機関を積極的に受診しましょう。
カンジダ症の治療中にセックスしても平気ですか?
A.カンジダ症治療中の性交渉は避けてください。パートナーの抵抗力が低下している際には、感染させてしまう可能性があります。

News

お知らせ

  • 2021/07/20

    8/9(月)は臨時休診日です。

  • 2021/05/03

    休診日もお電話でのご予約承ります。

  • 2021/02/01

    お急ぎの方はお電話にてご予約をお願いいたします。