中絶手術の流れ(検診から手術まで)と中絶後の注意点【公式】大阪にある心斎橋駅前婦人科クリニック

中絶手術までの流れ

Flow

初期中絶手術

心斎橋駅前婦人科クリニックでは、お身体への負担が少ない「初期中絶手術(妊娠11週6日まで)」を承っております。ここでは、当クリニックの初期中絶手術の流れについてご説明します。

無痛中絶手術の流れ

(1)診察のご予約

お電話・WEBにて、診察のご予約をお取りください。お電話は10:00〜19:00で承っております。WEBは24時間ご予約が可能です。

当クリニックでは、初期中絶手術のみ対応しており、妊娠12週以上の中絶手術はお受けすることができません。手術を受けるか迷われている方は、ご自身で認識している妊娠週数と、実際の妊娠週数にズレが生じている可能性もあるため、早めにクリニックを受診し、妊娠週数の確認だけでも行うことをおすすめします。

胎嚢が確認出来る場合は、診察日当日の「即日手術」も可能です。ご希望の方は、お電話にてお問い合わせください。

(2)手術前の検診

当クリニックでは、中絶手術の前に、診察と各種検査を実施しております。検査内容は下記の通りです。

  • ・血液検査
  • ・性感染症検査
  • ・超音波検査(子宮・卵巣のチェック)

なお、診察では下記の項目を確認します。

  • ・最終生理開始日
  • ・既往歴や持病について
  • ・妊娠経験の有・無
  • ・悪阻(おそ/つわり)の有・無
  • ・中絶手術経験の有・無

手術に関しては、診察時にわかりやすく説明させていただきます。ご不明点やご不安な点がある場合には、どんなにささいなことでも構いませんので、お気軽に医師までご相談ください

(3)中絶手術の前の注意点

下記の注意点がお約束いただけない場合は、お身体の安全のために、中絶手術ができない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 手術開始6時間前から絶食、3時間前から飲水禁止です。胃の中に内容物がある状態で静脈麻酔を行うと、手術中に嘔吐(おうと)した場合、窒息事故、ひいては命の危険に繋がります。
  • ・中絶手術前は、マニキュアやネイルアートを落としておくようにしてください。手術中に異常がないかバイタルサイン(脈拍・呼吸・血圧・体温など)を確認する機器を指にはめるためです。
(4)中絶手術当日の流れ

問診:中絶手術の当日は、健康状態に関する問診を行い、手術同意書をお預かりします。先に手術費用のお会計をした後に、術衣に着替えて、手術室へご案内いたします。

麻酔:中絶手術前~手術中に、静脈麻酔を行います。心斎橋駅前婦人科クリニックでは、痛みに対する不安を少しでも取り除くために、麻酔テープのご用意もございます。静脈麻酔の針を刺入する際の痛みを軽減できるため、希望される方は、問診時にお申し付けください。

手術:当クリニックの中絶手術は、吸引法を採用しております。手術時間は短く10分ほどです。そのため、静脈麻酔の時間や出血量は比較的少量で済みます。手術後、1時間程度は回復室でお休みいただきます。初期中絶手術は、入院の必要がないため、手術後日帰りでご帰宅が可能です。

(5)中絶手術の後の注意点
  • ・中絶手術の当日は無理をせず、できるだけ安静にしてお過ごしください。
  • ・静脈麻酔を使用するため、帰りにお車や自転車の運転はできません。
  • ・手術当日はシャワーのみ可能です。湯船での入浴は避けてください。
  • ・手術後3日間ほどは、感染症予防のために、抗生物質・子宮を効率良く収縮させる子宮収縮薬を服用ください。
  • ・デスクワークや軽い労働であれば、手術の翌日から可能です。
  • ・手術後は必ず出血があります。妊娠週数が進むほど、出血量は多くなる傾向があります。この出血は数日~2週間ほどで自然に治まることがほとんどです。また、一時的に子宮の収縮による下腹部痛が生じることがありますが、時間の経過とともに治まっていきますので、過度なご心配はいりません。
  • ・手術直後は、妊娠時の影響が多少残っているため、微熱などの症状が続く場合がまれにあります。

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

中絶手術後に
生じる場合がある症状

中絶手術後に起こる可能性のある症状についてご説明します。心配なことがある場合や、症状が重い方は、心斎橋駅前婦人科クリニックまでご相談ください。また、手術の一週間後に検診がありますので、必ず受診してください

出血 中絶手術から1〜2週間ほどは、生理のような出血が見られる場合があります。おりもの程度の量から、生理2日目ほどの多量な出血まで、出血量には個人差があります。出血は数日間で治まることがほとんどですが、長期間続く場合には、必ず当クリニックにご相談ください。
痛み 生理痛に似た痛みが、数日〜1週間ほど生じる可能性があります。妊娠によって大きくなった子宮が、元に戻るために収縮する際に起こる痛みです。痛みが気になる場合には、処方される鎮痛剤を服用してください。また、痛みがひどい場合には、無理せず安静に過ごしましょう。
中絶手術から数週間は、妊娠初期に分泌されるホルモンであるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)や女性ホルモンが残存することにより、微熱が生じる可能性があります。39度の発熱が2日以上続く場合には、すぐに当クリニックまでご連絡ください。また、手術後の感染症対策のため、処方する抗生剤などは必ず服用してください
中絶後遺症候群(PAS) 中絶手術を受けられたあとは、まれではありますがPTSD(心的外傷ストレス)を発症することがあります。中絶手術によって発症したPTSDのことを、PAS(中絶後遺症候群)と呼びます。当クリニックでは、お身体の負担を考慮した安全な手術を行うことに併せて、心のケアも大切にしております。ご不安な点や心配なことがある方は、お気軽にご相談ください。

中絶手術後のよくあるご質問

中絶手術の後の生理はいつ頃来ますか?
A.中絶手術を受けられてから、1〜2ヵ月後に生理がくる場合が多くなっています。手術から2ヵ月経っても生理がこない場合は、早めに心斎橋駅前婦人科クリニックまでご相談ください。
中絶手術後にはどのような症状が出ますか?
A.中絶手術後は、出血・腹痛が起こる可能性が大きくなっています。出血は1〜2週間ほど続くケースもあります。中には、出血がほとんどみられない方もいらっしゃいますが、必ず手術後の検診は受けてください。
中絶手術当日に入浴はできますか?
A.中絶手術の当日は、シャワーを浴びることは可能です。ただし、湯船での入浴は、手術後の検診が終わるまで控えてください。
中絶手術後の生活で注意点はありますか?
A.中絶手術後は、何をするにも無理はしないでください。また、手術後の検診を受けるまでは、湯船での入浴を避け、シャワーで済ませてください。軽い運動は術後1週間ほど後から可能です。その他、性交渉や激しい運動などにつきましては、術後1週間の検診時に、医師にご確認ください。

News

お知らせ

  • 2021/05/03

    休診日もお電話でのご予約承ります。

  • 2021/04/30

    5/3(月)は臨時休診日です。

  • 2021/02/01

    お急ぎの方はお電話にてご予約をお願いいたします。