麻酔の方法と種類【公式】心斎橋駅前婦人科クリニック|痛みを取る工夫

麻酔の方法と種類

Anesthesia

当クリニックで使用する麻酔

心斎橋駅前婦人科クリニックでは、患者さんの治療中の痛みに対するご不安を和らげるために、手術や検査の際に麻酔を使用できます。患者さんの症状やご要望に適した麻酔を医師が選択し、治療中にリラックスしていただけるよう、最善の配慮をするためです。麻酔についてご不明な点やご不安な点がある患者さんには、事前にくわしくご説明いたします。お気軽に当クリニックのスタッフにお申し付けください。

麻酔の効果

麻酔の効果

麻酔を使用すると痛みを含め、患者さんのお身体の感覚を弱めることができ、治療をより円滑に進めることが可能です。婦人科の検査・治療では、強い痛みを感じるケースもあるため、麻酔なしで治療を継続することは困難な場面があります。このような痛みを伴う治療や検査には、麻酔を使用することがあるのです。

麻酔の種類

心斎橋駅前婦人科クリニックでは、主に静脈麻酔・局所麻酔の2種類の麻酔を使用しています。各麻酔の特徴は下記の通りです。

静脈麻酔 静脈麻酔は、点滴によって鎮静薬や鎮痛剤などを使用する麻酔方法です。眠らせることが主体ですが、痛みを感じず、ほとんど記憶にも残らずに手術が受けられます。静脈麻酔は、人工流産手術などに使用されたり、内視鏡検査・一般外科手術にも用いられたりします。静脈麻酔使用前は4時間前から絶食する必要があり、2時間前から飲水も禁止になります。なお、静脈麻酔の点滴を刺す際の痛みがご不安な方には麻酔テープを使用いただくことも可能です。ご希望の方は、お気軽にお申し出ください。
局所麻酔(部分麻酔) 局所麻酔は、検査などの組織採取・傷口の縫合などに用いられる麻酔です。皮膚・膣内・口腔内などに注射し、その部位のみ感覚や痛みが無くなります。注射の際にチクっとした痛みを感じますが、その後検査・簡単な手術を受けることが可能です。局所麻酔で使われる麻酔薬は作用時間が短いため、長期間の手術には適さないというデメリットがあります。

News

お知らせ

  • 2021/05/03

    休診日もお電話でのご予約承ります。

  • 2021/04/30

    5/3(月)は臨時休診日です。

  • 2021/02/01

    お急ぎの方はお電話にてご予約をお願いいたします。