中絶の痛みはある?無痛中絶のための工夫と麻酔の方法【公式】大阪の心斎橋駅前婦人科クリニック

中絶手術の痛みについて

Painless

無痛中絶手術の取り組み

無痛中絶手術の取り組み

人工妊娠中絶手術は痛いのでは…と、不安を抱えている方は多くいらっしゃいます。心斎橋駅前婦人科クリニックでは、手術の痛みやご不安を取り除くために、

心斎橋駅前婦人科クリニックでは、手術の痛みやご不安を取り除くために、無痛の中絶手術を行う工夫を施しております。ここでは、当クリニックの「無痛中絶手術」についてご説明します。

無痛中絶手術を行うための3つの特徴

からだの負担を考慮した「吸引法」を採用

人工妊娠中絶手術には、ソウハ(掻爬)法と吸引法の2種類があります。ソウハ法は、スプーン状の器具やピンセット状の鉗子(かんし)などを用い、子宮内容物を掻き出すことで中絶手術を行います。手術前日に、子宮口を広げる「術前処置」が必要な場合が多く、この前処置も痛みを感じることがあります。吸引法は、子宮内に吸引管を入れて子宮内容物を吸い出す術式です。当クリニックの吸引法では、手術前日から術前処置を行わないため、子宮口を広げる際の痛みを感じることはほとんどありません。※ただし、医師が必要と判断した場合には、手術当日の静脈麻酔後に、子宮口を広げる処置を行う場合があります。麻酔後に処置を行うため、痛みを感じることはありません

心斎橋駅前婦人科クリニックの初期中絶手術では、WHO(世界保健機構)が推奨する吸引法を採用しております。患者さんのお身体への負担が少ないため、ご安心ください。

無痛のために「静脈麻酔」を使用

心斎橋駅前婦人科クリニックでは、人工妊娠中絶手術の際に静脈麻酔を使用します。静脈麻酔を血管(静脈)に点滴で注入することで、眠るような効果を発揮します。鎮痛剤も同時に点滴に使用するため、手術中の痛みも抑えます。手術の痛みがご不安な患者さんも、どうかご安心ください。

点滴前に麻酔テープを使用

当クリニックでは(手術時の痛みをできるだけ取り除けるよう)ご希望の方には麻酔テープをご用意しております。麻酔入りのテープを静脈麻酔の針の刺入部分に貼ることで、針を刺す際の痛みを抑えることが可能です。痛みがご不安な方や、痛みに弱い患者さんは、診察時にお気軽にお申し付けください。

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

中絶の痛みについてよくあるご質問

中絶は術前処置のときから痛かった…とよく聞きますが、なぜですか?
A.主にソウハ法で用いられる術前処置の際に、痛みを感じることが多いとされています。術前処置では、スポンジのような素材でできた細い棒(ダイラパンやラミナリアなど)を子宮頸管に挿入して、子宮の入り口部分を広げます。ダイラパンなどは、水分を吸収することで自然と子宮口を広げますが、その際に痛みを感じることが多いです。中絶手術が痛かったと言われる方は、手術自体の痛みではなく、術前処置の痛みを感じていることが多いと考えられます。心斎橋駅前婦人科クリニックは、吸引法を採用しており、前日からの術前処置を行わないため、痛みがご不安な方もご安心ください。
中絶手術中に痛みは感じますか?
A.心斎橋駅前婦人科クリニックの中絶手術は、静脈麻酔や局所麻酔を使用するため、痛みを感じることはほとんどありません。そのため、痛みがご不安な患者さんにも、安心して手術をお受けいただけます。
中絶手術後は痛みを感じますか?
A.中絶手術を受けられた後は、一時的にですが、下腹部痛が起こる可能性があります。これは手術後に子宮自身が出血を抑えるために収縮することによる痛みです。生理痛によく似た痛みのことが多く、術後の経過とともに落ち着くことがほとんどですが、場合によっては鎮痛剤点滴を追加することもできます。
中絶手術を受けたいのですが、痛みがすごく怖いです。
A.はじめてのことで、「手術」と聞くと、とても不安が大きいかと思います。当クリニックでは痛みにきちんと配慮し、無痛の中絶手術を行っておりますが、もし不安なこと・心配なことがありましたら、診察時に仰ってください。患者さんお一人おひとりに、丁寧に寄り添う診療を心掛けておりますので、安心してご相談いただけたらと思います。
静脈麻酔に副作用はありますか?
A.静脈麻酔には、吐き気や頭痛などの副作用が起こる可能性があります。吐き気止めなどを必要に応じて処方できますので、ご不安な場合は診察時に医師にご相談ください。

News

お知らせ

  • 2021/05/03

    休診日もお電話でのご予約承ります。

  • 2021/04/30

    5/3(月)は臨時休診日です。

  • 2021/02/01

    お急ぎの方はお電話にてご予約をお願いいたします。